memo.xight.org

日々のメモ

brew update で syntax error

Summary

brew update で syntax errorが発生。
brew doctor を実行しても同様のエラー。

$ brew update
error: Failed to merge in the changes.
hint: Use 'git am --show-current-patch' to see the failed patch
unable to refresh index
/usr/local/Homebrew/Library/Homebrew/load_path.rb:9:in `require': /usr/local/Homebrew/Library/Homebrew/vendor/bundle/bundler/setup.rb:47: syntax error, unexpected <<, expecting end-of-input (SyntaxError)
<<<<<<< HEAD
  ^
        from /usr/local/Homebrew/Library/Homebrew/load_path.rb:9:in `<top (required)>'
        from /usr/local/Homebrew/Library/Homebrew/global.rb:10:in `require_relative'
        from /usr/local/Homebrew/Library/Homebrew/global.rb:10:in `<top (required)>'
        from /usr/local/Homebrew/Library/Homebrew/brew.rb:23:in `require_relative'
        from /usr/local/Homebrew/Library/Homebrew/brew.rb:23:in `<main>'

対処: brew update-reset

$ brew update-reset
==> Fetching /usr/local/Homebrew...
remote: Enumerating objects: 45, done.
remote: Counting objects: 100% (45/45), done.
remote: Compressing objects: 100% (3/3), done.
remote: Total 5 (delta 4), reused 3 (delta 2), pack-reused 0
Unpacking objects: 100% (5/5), done.
From https://github.com/Homebrew/brew
 * [new branch]          dependabot/bundler/Library/Homebrew/rubocop-performance-1.3.0 -> origin/dependabot/bundler/Libr
ary/Homebrew/rubocop-performance-1.3.0

==> Resetting /usr/local/Homebrew...
Branch 'master' set up to track remote branch 'master' from 'origin'.
Switched to and reset branch 'master'
Your branch is up to date with 'origin/master'.

Reference

Homebrew Community Discussion - 2019-03-04 - Brew ruby load error
https://discourse.brew.sh/t/brew-ruby-load-error/4309/4

Stack overflow - 2019-03-03 - Homebrew broken - "cannot load such file — vendor/bundle/bundler/setup (LoadError)"
https://stackoverflow.com/questions/54848319/homebrew-broken-cannot-load-such-file-vendor-bundle-bundler-setup-loaderr

SPTAG - A library for fast approximate nearest neighbor search

Summary

A distributed approximate nearest neighborhood search (ANN) library which provides a high quality vector index build, search and distributed online serving toolkits for large scale vector search scenario.


Reference

github.com - Microsoft - SPTAG
https://github.com/microsoft/SPTAG

via

TechCrunch Japan - 2019-05-16 - マイクロソフトがBing検索の重要アルゴリズムをオープンソース化
https://jp.techcrunch.com/2019/05/16/2019-05-15-microsoft-open-sources-a-crucial-algorithm-behind-its-bing-search-services/

macOS Mojave + homebrew + MacTeX (TeXLive2019)

Summary

macOS 10.14 Mojave で TeX 環境 (TeXLive2019) の構築。

homebrew, brewcask で ghostscript, imagemagick, mactex をインストール

$ brew install ghostscript imagemagick
$ brew cask install mactex
$ sudo chown -R USERNAME:admin /usr/local/texlive

mactexをアップデート

$ tlmgr update --self --all

tlmgr: The TeX Live versions supported by the repository
http://ftp.jaist.ac.jp/pub/CTAN/systems/texlive/tlnet
  (2016--2018)
do not include the version of the local installation
  (2019).

ミラーのリポジトリが2019に対応していなかったので、本家のリポジトリを参照

$ tlmgr option repository "ftp://ftp.tug.org/texlive/tlnet"
tlmgr: setting default package repository to ftp://ftp.tug.org/texlive/tlnet

ミラーのリポジトリを指定

$ tlmgr option repository "http://mirror.ctan.org/systems/texlive/tlnet"
tlmgr: setting default package repository to http://mirror.ctan.org/systems/texlive/tlnet

注意喚起 架空請求詐欺 - 総合消費料金未納分訴訟最終通知書

Summary

「総合消費料金未納分訴訟最終通知書」というタイトルのハガキが届いた。
架空請求詐欺のようなので、記録しておく。

文面

総合消費料金未納分訴訟最終通知書
管理番号 (あ) XXX

この度、貴方の未納されました総合消費料金について、契約
会社及び、運営会社から、訴訟申し入れされたことを本状に
て通知いたします。

下記に設けられた、裁判取り下げ最終期日までにご連絡無き
場合、管轄裁判所から裁判日程を決定する呼出状が発行さ
れ、記載期日に指定の裁判所へ出廷となります。
尚、裁判を欠席されると相手方の言い分通りの判決が出され、
執行官立会いのもと、貴方の給与、財産の差し押さえなどの
恐れがございますので、十分ご注意ください。

民事訴訟及び、裁判取り下げなどのご相談に関しましては当
センターにて承っておりますので、下記窓口へお問い合わせ
ください。
尚、個人情報保護の為、ご本人様からご連絡頂きますよう
お願い申し上げます。

取り下げ最終期日 平成31年2月6日

民事訴訟管理センター
東京都千代田区霞が関3丁目1番7号
消費者相談窓口 03-4346-0044
受付時間 9:00〜18:00 (日・祝を除く)

架空請求詐欺 - 総合消費料金未納分訴訟最終通知書

Etcher - Create a bootable USB stick on macOS

Summary

購入したサーバにDebianをインストールするため、
ブート可能なUSBメモリを作成する必要があった。

Etcherというソフトウェアを使えば、
イメージを選択し、USBメモリを選択するだけで、
簡単にブート可能なUSBメモリを作成できる。

Etcher

Etcherを使って作成したブート可能なUSBメモリを使うことで、
HPE ProLiant DL20 Gen9 で USBメモリからブートが行なえ、Debianがインストールできた。

Reference

balena - Etcher
https://www.balena.io/etcher/

Ubuntu Tutorials - Create a bootable USB stick on macOS
https://tutorials.ubuntu.com/tutorial/tutorial-create-a-usb-stick-on-macos#0

リモートからmacOSのセーフブート

Summary

SSHでログインできる場合は、リモートからセーフブートできる。

セーフブート

sudo nvram boot-args="-x"


セーフブート + Verboseモード

sudo nvram boot-args="-x -v"


通常起動

sudo nvram boot-args=""


Reference

Apple Support - セーフモードを使って Mac の問題を切り分ける
https://support.apple.com/ja-jp/HT201262

bundler で nokogiri のインストール

Summary

bundle config --local build.nokogiri --use-system-libraries
bundle install --path vendor/bundle


macOS Mojave (10.14.2) + Ruby2.5.3 + Nokogiri1.8.5

bundle config --local build.nokogiri --use-system-libraries=true --with-xml2-include="$(xcrun --show-sdk-path)"/usr/include/libxml2
bundle install --path vendor/bundle


macOS Mojave (10.14.3 Beta) + Ruby2.6.0 + Nokogiri1.9.1

bundle config --local build.nokogiri --use-system-libraries --with-iconv-dir="$(brew --prefix libiconv)" --with-xml2-config="$(brew --prefix libxml2)/bin/xml2-config" --with-xslt-config="$(brew --prefix libxslt)/bin/xslt-config"
bundle install --path vendor/bundle


Reference

GitHub - sparklemotion/nokogiri - Issues #1801
https://github.com/sparklemotion/nokogiri/issues/1801

userstyles.org - Gmail Fixed Font Monospace

Summary

以前作成したGmailの固定幅フォントカスタムCSSが、
userstyles.orgのユーザが削除されてしまったようで編集ができなくなった。

font-family, font-size, line-height を選択、カスタマイズできるようにして、再度投稿してみた。

Reference

userstyles.org - Gmail Fixed Font Monospace
https://userstyles.org/styles/165480/gmail-fixed-font-monospace

userstyles.org - Gmail Monospace (monospace)
https://userstyles.org/styles/103015/gmail-monospace-monospace

userstyles.org - Gmail Monospace (Osaka-Mono)
https://userstyles.org/styles/103014/gmail-monospace-osaka-mono

Stylus のスタイルが消えてしまった時の救出策

Summary

Google Chrome Version 72.0.3595.2 (Official Build) dev (64-bit)
Stylus 1.4.21 の組み合わせで Stylus が動作しなくなり、カスタムCSSも消えてしまった。

Stylus は Beta版を使うことで対処できたが、カスタムCSSを取り戻したい。

方法

1. Stylus のアイコンをクリックし、 "Manage" ページを表示
2. Chrome の Developer Tools を起動
3. Applicationタブの Storage "IndexedDB" をクリック
4. データベース stylish, テーブル styles の中のレコードを参照
5. sections の中にカスタムCSSを見つけることができる

Summary

GitHub - openstyles / stylus - Issues #278 Installed styles have been purged
https://github.com/openstyles/stylus/issues/278

2018年 システムアーキテクト試験の自分なりの解答

Summary

2018年 システムアーキテクト試験を受けてきた。
午後Iは問1,2を選択
午後IIは問2を選択
まだ解答がでていないので、自分の解答を一部訂正して書いておく。

追記

午前IIは解答がでたので訂正
19/25 = 76%

追記2

午後Iの解答速報が出た
午後I 問2 設問4 (1) 以外は大きな差はなかった。

午前II

問1 イ
問2 エ
問3 エ
問4 エ
問5 イ → ア
問6 ア
問7 ア
問8 ウ (ア:ソフトウェア詳細設計プロセス (JIS X0160 7.1.4.3.1.1) , イ:ソフトウェア詳細設計プロセス (JIS X0160 7.1.4.3.1.2) , エ: ソフトウェア結合プロセス)
問9 ウ
問10 ア
問11 エ
問12 イ
問13 ウ → イ
問14 エ (ア: 利害関係者の識別, イ: 要件の評価, ウ: 要件の合意)
問15 ウ (ア: RoHS, イ: グリーン購入法, エ: TRIPS協定)
問16 イ
問17 ウ (ア: ディスカウントキャッシュフロー, イ: IT投資ポートフォリオ, エ: リアルオプション)
問18 ウ
問19 イ
問20 エ
問21 イ
問22 エ
問23 ア
問24 ウ
問25 イ

午後I 問1

設問1 (1) 開催5週間前に、受講者に案内メールを送付する運用 (24/25字)
設問1 (2) 昇進者本人に昇進が内示された翌営業日に案内メールを送付する (29/35字)
設問1 (3)
  受講者: 人事異動で社員基本情報が変更される社員 (19/20字)
  タイミング: 開催3営業日以内で社員基本情報の変更前に名簿等が出力された時 (30/30字)
設問2 (1) 目標設定面談で、その場で講座の申込手続が行えるようにすること (30/30字)
設問2 (2)
a,b 専門分野, レベル (順不同)
c 修了履歴
d 修了済の講座番号
設問3 機能: 社員個人別の過去3年間の年間受講日数一覧表の出力 (24/25字)
設問3 不具合: 過去3年間に受講した講座の日数に変更があった場合、正しい受講日数が出力されない (39/40字)

午後I 問2

設問1 文書登録者の上司の確認、承認を経て公開される機能 (24/25字)
設問2 4,5月に年間の開示請求件数の約半数が集中しているから (27/30字)
設問3 (1) 開示請求者から、手続きの煩雑さ、訪問が必要なこと等への不満が挙がっているから (38/40字)
設問3 (2) 新システムと社内システムとの連携頻度を少なくする (24/25字)
          「社内システムとインターネット上システムとの連携を禁止しているため」だと字数オーバー
設問4 (1) 特定された個人、事業者などに対して情報提供を行うようにしたい (30/30字)
設問4 (2) 初めての利用でも手続が簡単で即時に文書を取得できるシステム (29/35字)
設問4 (3) ショートメッセージサービスを利用していない利用者への配慮 (28/35字)

Reference

情報処理推進機構 - 試験 - 過去問題 - 平成30年度
https://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/mondai_kaitou_2018h30.html

TAC - 平成30年度秋期 情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験 解答速報
https://www.tac-school.co.jp/kouza_joho/sokuhou.html

systemd-tty-ask-password-agent - サーバの自動起動時にパスフレーズが求められたときの対応

Summary

サーバの再起動後など、Webサーバの自動起動時にパスフレーズが求められたときの対応。
systemd によるパスワード要求の一覧表示、処理には systemd-tty-ask-password-agent を利用する。

% sudo systemd-tty-ask-password-agent --query
[sudo] password for foobar: 
Enter Private Key Password: ****************


Reference

ubuntu - manpages - 18.10 - ystemd-tty-ask-password-agent
http://manpages.ubuntu.com/manpages/cosmic/en/man1/systemd-tty-ask-password-agent.1.html

via

解せぬ日記 - 2015-06-17 - systemd-tty-ask-password-agentの使い方
http://terut.hatenablog.com/entry/2015/06/17/021205

技術関連の覚書 - 2017-04-01 - systemd-tty-ask-password-agent
http://boctoc1969.hatenablog.com/entry/2017/04/01/122522