memo.xight.org

日々のメモ

カテゴリ : Debian

3ページ目 / 全3ページ

Debian GNU/LinuxでCPANに登録されているモジュールをインストールする

dh-make-perl パッケージをインストールする

# aptitude install dh-make-perl


Template::Extract をインストールする例

  - libtemplate-extract-perl というパッケージを作成する

$ dh-make-perl --build --cpan Template::Extract


  - インストール

# dpkg -i libtemplate-extract-perl


Reference

  namazu.org - 土屋 雅稔 - Debian Tips
  http://namazu.org/~tsuchiya/debian/
  Naney's Web Site - nDiki - dh-make-perl
  http://www.naney.org/diki/dk/dh-make-perl.html

Debian のユーザID

Debian ポリシーでは使用できるユーザIDの番号に制限を設けている

0 - 99 Debian のシステムが使用
100 - 999 様々なシステムが使用
1000 - 29999 一般ユーザが使用
30000 - 59999 予約済
60000 - 64999 Debian のシステムが一時的に作成するために使用
65000 - 65533 予約済
65534 nobody用
65535 使用禁止

Rebootしたら名前解決ができなくなった

resolvconfパッケージが上手く動作していない

  当面はremoveしておく.

Reference

  Debianリファレンス - ネットワークの設定 - 10.4.2 ネームサーバ情報の管理 - resolvconf
  http://qref.sourceforge.net/Debian/reference/ch-gateway.ja.html#s-dns-resolvconf
  Yoichi's diary - 2004-05-17
  http://yoichi.geiin.org/d/?date=20040517
  日記 - 2004-08-06
  http://www.geocities.jp/msanpopo/200408.html
  zt diary - 2004-03-31
  http://znz.s1.xrea.com/t/?date=20040331#p01

mb_ereg の未定義エラー

phpinfoを見ても

  --enable-mbstring 付き
  Multibyte (Japanese) Support もOK

原因

  --enable-mbregex 付きで configure されていない.

詳細

  --enable-mbstring
    mb_strlen()
    mb_strpos()
    mb_strrpos
    mb_substr()
  --enable-mbregex
    mb_ereg()
    mb_eregi()
    mb_ereg_replace()
    mb_eregi_replace()
    mb_split

現行の PHP4.3.3-1 の Debianパッケージのマルチバイト対応状況

  --enable-mbstring のみ付いている為,mb_str* しか使用できない.
  --enable-mbregex 付きで再コンパイルするしかない.

Reference

  [PHP-users 13906] Re: マルチバイト対応:mb_eregの未定義エラーについて
  http://ns1.php.gr.jp/pipermail/php-users/2003-March/014438.html

コマンドやファイルがどのパッケージに入ってるか探したい

インストール済みのコマンドの場合

  dlocate を利用する

# aptitude install dlocate
# update-dlocatedb
$ dlocate [command-name]

- インストールしていないコマンドの場合
  1. auto-apt を利用する

# aptitude install auto-apt
# auto-apt update
$ auto-apt search [command-name]

  2. http://www.debian.org/distrib/packages から探す

Reference

  AptGet - Debian GNU/Linux スレッドテンプレ - インストール済のパッケージに含まれているファイルの一覧を見たい
  http://debian.fam.cx/?AptGet#content_1_17
  AptGet - Debian GNU/Linux スレッドテンプレ - インストール済のコマンドやファイルがどのパッケージに入ってるか探したい
  http://debian.fam.cx/?AptGet#content_1_18

APT の挙動を変更する

古いパッケージのキャッシュを自動で削除する

  /etc/apt/apt.conf

APT::Clean-Installed "true";

一部のパッケージをHoldする

  パッケージの区切れ目は改行
  /etc/apt/preferences

Package: apache
Pin: version 1.3.28-1
Pin-Priority: 1001

Package: apache-common
Pin: release a=unstable
Pin-Priority: 1001

Pin-Priority の数字の意味

Pin-Priority 意味
0 インストールしない
1-99 指定すればインストールできるが、アップグレードの対象にはならない
100 現在インストールされているパッケージの priority
101-989 指定してインストールしたものも、アップグレードの対象になる
(500) 現在インストールされてないパッケージの priority
(989) apt-pin の default priority
990 apt-get の --target-releast option で指定した際に利用される priority
1000- ダウングレードしてでもそのパッケージをインストールさせる

Reference

  AptGet - Debian GNU/Linux スレッドテンプレ - デフォルトの挙動の設定
  http://debian.fam.cx/?AptGet#content_1_13
  AptGet - Debian GNU/Linux スレッドテンプレ - sarge や sid のパッケージを借りるには
  http://debian.fam.cx/?AptGet#content_1_24

ダウングレード

/etc/apt/sources.list

  以下を追加して他の行をコメントアウト (YYYY/MM/DD は日付)

deb http://snapshot.debian.net/archive/YYYY/MM/DD/debian unstable main contrib non-free
deb http://snapshot.debian.net/archive/YYYY/MM/DD/debian-non-US unstable/non-US main contrib non-free
deb-src http://snapshot.debian.net/archive/YYYY/MM/DD/debian unstable main contrib non-free
deb-src http://snapshot.debian.net/archive/YYYY/MM/DD/debian-non-US unstable/non-US main contrib non-free
deb http://snapshot.debian.net/archive/YYYY/MM/DD/debian unstable main contrib non-free

アップデート

# apt-get update

- ダウングレード

# apt-get install apache=1.3.27.1-2

- Reference
  snapshot.debian.net
  http://snapshot.debian.net/

Debian GNU/Linux での /etc/rc?.d/ 操作

Summary

/usr/sbin/update-rc.d を用いる

すべてのランレベルでサービスの起動停止

# update-rc.d -f inetd remove


ランレベル5でinetdを停止

# update-rc.d inetd stop 20 5 .


デフォルトの起動,停止リンクを作成

ランレベル 2,3,4,5 にサービスの起動用リンクを作成,ランレベル 0,1,6 にサービスの停止用リンクを
シーケンスコード 90で作成

# update-rc.d postgres defaults 90

以下のシンボリックリンクが作成される.
/etc/rc0.d/K90postgres -> ../init.d/service/K90postgres
/etc/rc1.d/K90postgres -> ../init.d/service/K90postgres
/etc/rc2.d/S90postgres -> ../init.d/service/S90postgres
/etc/rc3.d/S90postgres -> ../init.d/service/S90postgres
/etc/rc4.d/S90postgres -> ../init.d/service/S90postgres
/etc/rc5.d/S90postgres -> ../init.d/service/S90postgres
/etc/rc6.d/K90postgres -> ../init.d/service/K90postgres

ランレベル2,3,4,5はS90で起動,ランレベル0,1,6はK10で停止.

#update-rc.d postgres start 90 2 3 4 5 . stop 10 0 1 6 .

以下のシンボリックリンクが作成される.
/etc/rc0.d/K10postgres
/etc/rc1.d/K10postgres
/etc/rc2.d/S90postgres
/etc/rc3.d/S90postgres
/etc/rc4.d/S90postgres
/etc/rc5.d/S90postgres
/etc/rc6.d/K10postgres

Reference

Debianでの起動処理(init)とランレベル(rc.d)の制御
http://park15.wakwak.com/~unixlife/linux/de-init.html

apt-listchanges でエラーメッセージ

こんなエラーが出る

  バグレポートを取得しています... 完了

Traceback (most recent call last):
  File "/usr/bin/apt-listchanges", line 35, in ?
    import apt_listchanges
  File "/usr/lib/site-python/apt_listchanges.py", line 26, in ?
    _ = gettext.translation('apt-listchanges').gettext
  File "/usr/lib/python2.3/gettext.py", line 416, in translation
    t = _translations.setdefault(key, class_(open(mofile, 'rb')))
  File "/usr/lib/python2.3/gettext.py", line 176, in __init__
    self._parse(fp)
  File "/usr/lib/python2.3/gettext.py", line 304, in _parse
    tmsg = unicode(tmsg, self._charset)
LookupError: unknown encoding: EUC-JP
Preconfiguring packages ...

原因

  locale かと思いきや python2.3-japanese-codecs パッケージが必要だった

対処法

# aptitude install python2.3-japanese-codecs

- Reference
  [debian-users:38225] locale 絡み? 2 題
  http://lists.debian.or.jp/debian-users/200309/msg00107.html
  [debian-users:38227] Re: locale 絡み? 2 題
  http://lists.debian.or.jp/debian-users/200309/msg00109.html

zphoto のパッケージ

インストール

  /etc/apt/sources.list に以下を追加

deb ftp://ftp.jp.debian.org/debian-jp unstable-jp main

zphotoのインストール

# aptitude install zphoto

注意

  HTML テンプレートのディレクトリ設定がデフォルトで
  /usr/local/share/zphoto/templates/en になっている
  実際にインストールされるのは
  /usr/share/zphoto/templates/all
  /usr/share/zphoto/templates/en
  /usr/share/zphoto/templates/ja
  なので

$ zphoto --template-dir=/usr/share/zphoto/templates/ja

  とテンプレートディレクトリを指定する.
  しなくても一応動作はするようだ.

Reference

  [zphoto:90] Debian package for latest zphoto
  http://mailarc.namazu.org/htmlmail/zphoto/90

Debian の Birthday

2003-08-16 で 10才になる

Debian 誕生パーティも開催される

チェコ共和国 ブルノ
フィンランド ツルク
ドイツ Wallenrod
イギリス ケンブリッジ
- Reference
  Debian GNU/Linux -- News -- Debian celebrates its 10th Birthday
  http://www.debian.org/News/2003/20030811
  Debian GNU/Linux -- Upcoming Attractions
  http://www.debian.org/events/2003/0816-birthday
  debCONF: your info center for Debian conferences and events: Debian 10th Birthday Party Coordination Page
  http://www.debconf.org/10years/

Debian メーリングリストにおける広告のポリシー

目的

  スパムに対抗すること

内容

  Debianメーリングリストは,対価を支払えば商用広告を許可する.
  広告料は "Software in the Public Interest" (SPI) への 1000 米ドル以上の寄付
  広告を投稿した時点で広告を投稿した人は以下の意思が有るとみなされる
    1. 料金に対する責務を負うことを受諾した.
    2. あなたの広告に関する,あなたあるいは他者からのあらゆる法的な要求から,リストの管理者を免責する.
    3. 延滞金の回収に要した法的・商的な費用を支払う.